スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘と行くロンドン 最終日


 9月27日の朝を迎えました。
 小さな窓からの眺めも見納めです!

ロンドン最終日 窓からの眺め


 ホテルについているブレックファストを食べたのは2日間だけ。
 最終日もお部屋で食べました。


 このマンゴー&パッションフルーツジュースは味が薄目でした!

ロンドン最終日 マンゴー&パッションフルーツジュース


 欠かさず食べていたヨーグルト。
 前日とこの日はオーガニックのヨーグルト。
 フルーツを入れて食べきりました!

ロンドン最終日 オーガニックヨーグルト

 
 後は前夜買っておいたサンドイッチやラスクなどで朝食終了!
 チェックアウトの時間までに行きたいところがあるので、レッツゴー!


 ロンドン最後に訪れた場所は・・スーパーマーケット、TESCOでした。


ロンドン最終日 TESCO

 
 もう既にうろ覚えになっていますが、初日だったかしら?
 TESCOを探して夜の町を歩いたのは・・
 歩けど歩けど、TESCOは見つからず、歩き疲れた末に辿りついたのはウエストローズ。
 王室ご用達スーパーでした。
 フェアトレードのものやオーガニックのものを数多く扱っているのですが
 残念ながら、閉店間際で色々見て歩く時間がなかったのでした。

 あの時は私の大きな勘違いで道を間違えてしまったので、
 今回はちゃんと地図で確かめてから歩きました。


 ここはロンドンで一番広い店舗なだけあって、欲しいものを探すだけでも大変でした(笑)

ロンドン最終日 TESCO


 本当はスーパーの写真をもっと撮りたかったのですが
 写真を撮ると怒られないかって気持ちもあって
 ちゃんと撮ったためしがありません(><;)

 今回は特に広すぎて、撮影している暇もなくって
(娘にも写真より買い物と言われました)
 ↑の写真とこの遠目からこっそり撮った鮮魚売り場のみ

ロンドン最終日 TESCO


 買ったのは、ビスケット、ボンヌ・ママンのジャム、エコバッグ
 キットカットのミント味(これがとっても美味しかった!)
 オーガニックのバルサミコ酢、オーガニックのピーナツバターに缶詰・・後はなんだったかしら?
 細々と家用のお土産を購入して
 機嫌良く帰っていたのですが・・・・・・


 1人の女性が半泣きで鍵が壊れて家に入れない、会社に行かなければいけないので
 交通費を貸してはもらえないかと話しかけてきました。
 震える声、緊迫した様子。
 娘から話を通訳してもらいました。
 真剣に聞く娘と違って、半信半疑で話を聞いていました。 
 私達が2時間後には帰国することを伝えても
 必ず戻ってくるので、「信じてほしい」を繰り返し、泣きつかれました。
 それでも、どうも胡散臭く感じて・・
 同じアパートの住民に借りたらどうかと話しても
 借りれる相手がいないとのこと。
 疑ってかかっている私に同情している娘はだんだん訳してくれなくなって
 とうとうお金を渡してしまいました。
 言われる金額がないので、仕方なくとはいえ、1020ポンドを・・
 渡してしまっては仕方ありません。
 1時間後、ここで落ち合う約束をとりつけ 
 とりあえず名前と電話番号を書いてもらいましたが
 彼女は駅ではなく、反対方向へ走って行ってしまいました。
 

ロンドン最終日 ここで詐欺は起こった!


 ホテルに向かいながら、これは騙されていると思うと娘に話しました。
 多分、お金は返ってこないだろうと・・
 最初は女性をかばっていた娘ですが、冷静になってくると
 多分、騙されたと思うと悲しそうにつぶやきました。
 胸の痛い出来事です。

 ホテルについても気分がすぐれません。
 2人とも重いモノを背負いこんでしまいました。

 99パーセント騙されているとわかっていても
 残りの1パーセントに望みをかけて
 最後まで見届けてみようと娘を誘って
 待ち合わせの場所に重いトランクを転がして行きました。
  

 待ち合わせの時間が来て、5分過ぎ、10分過ぎ・・
 ギリギリまで待ちましたが現れません。
 予想通り、よくある手口の詐欺に娘はひっかかってしまいました。
 
 人にお金を貸す時は、戻ってこない可能性もあるとわかった上で貸さなければいけないこと
 成功させてしまうと第二、第三の犠牲者が出てしまうので
 今後は十分、気をつけなければいけないこと
 道すがら親として諭しました。
 でも・・・
 反面、人を信じ、手を差し伸べた娘に対して、曲がらず育ってくれたこと
 嬉しく感じる自分がいました。
 親バカでごめんなさい!
 それにしてもうちの子達って、2人ともロンドンでひっかかるなんて・・
 まだまだ世間知らずですね
 そんなことがあってもロンドンが怖い街だとは思いません。
 皆様も誤解なさらないで頂けたらと思います
  
 
 学生の娘には痛い金額だったかもしれませんが
 それでもたかがしれています。
 身の危険があったわけでもなく、安い授業料で本当によかったです。
 それにしても親の私がついていながら、こんな事に巻き込まれるなんて・・
 最後の最後にケチがついてしまいました。
 英語が話せたら、もっと何とかしてやれたのに・・
 後悔先に立たずですね。

 きっとお金に困っていた人なのでしょう、
 人助け、寄附したのだと思うことにしました。
 気持ちを切り替えて、駅へと向かいました。


 何度も利用したアールズコート駅。

ロンドン最終日 さよならアールズコート駅



 私にとっては前回と今回の2度ともお世話になった駅です。
 ちょっぴりセンチメンタルな気持ちになりました。


ロンドン最終日 さよならアールズコート駅
 


 TUBEに乗るのもこれが最後です。

ロンドン最終日 いざ、空港へ



 ピカデリー線だけでも、何度利用したことでしょう!?

ロンドン最終日 ピカデリーライン

 
 他の線も合わせたら・・もう覚えてないくらいです。

ロンドン最終日 Tube map


 色んな思いと思い出を乗せて、列車はヒースロー空港へと向かいます。 

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

金田(かなだ)

Author:金田(かなだ)
遊びに来てくださり、ありがとうございます!

旅の写真を中心に
写真の出来、不出来に関わらず
1枚でも多く、少しでも長く
アップしていきたいと思います。

ブログと関係のないコメント&TBは
削除させていただきますね(^^)

最新コメント
最新記事
リンク
世界時計
イーココロクリック募金
1クリック募金のご協力をお願いします!
クリック募金
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。