スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淡水(ダンシュイ)
 夕暮れをドライブした先に着いたのは、淡水。

 
 ① こちらは、『東方のベニス』と称されています。

淡水 ①

 
 ② 川面に沈む夕日が美しい町と知られているそうです。
   残念ながら間に合いませんでしたが、夜景も美しいものでした!

淡水 ②


 ③ 淡水に着いたのは、ちょうど夕ご飯時。

淡水 ③ 


 ④ 私達はレストランに入らず、B級グルメを堪能しました。
   (イカのすり身団子の花枝丸)

淡水 ④


 ⑤ 気になった食べ物を
   (4種類のソーセージを買って、味見しました)

淡水 ⑤


 ⑥ 試してみたり
   (日本で売っているノシイカのようなものでした)

淡水 ⑥


 ⑦ お勧めの食べ物を    
   (日本の豚まんと味も少し違うのですが、ケチャップみたいなものを
    つけて食べるというの初めてです。これがなかなかグー

淡水 ⑦


 ⑧ 食べに入ったり・・
   (魚丸湯、本当に絶品でした!連れて行ってくれたお店のが特に美味しいそうです)

淡水 ⑧


 ⑨ 食べたかったスイーツも食べることができました。
   (氷入りの豆花)

淡水 ⑨


 ⑩ 娘のお友達はここに来ると必ず、これを飲むそうです!

淡水 ⑩


 ⑪ 朝からよく遊んだので、主人はもうヘロヘロ状態!
   ベンチで休憩するようになったので

淡水 ⑪


 ⑫ 素敵なカフェに連れて行ってくれるとの有り難い申し出を
   泣く泣く断って、帰宅の途に着きました。

淡水 ⑫

 
 こうして私達のフリータイムは楽しいうちに幕を閉じました。

 
 台湾のB級グルメ、 安いのに本当に美味しくって、やみつきになりそうです。

 
 この場をお借りして、案内役&運転手をしてくれた娘のお友達に
 感謝の意を表したいと思います!


 「多謝多謝!今後很好。再見吧!」


 台湾の旅行も残すは後一日(実際は半日)。
 長々と続けてきた台湾旅行の写真も残す所、後一回です。
 最終回もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

十分瀑布
 十分老街から数分走ったところで駐車場に車を止め、次の目的地まで散策しましょう


 ① 遊歩道を歩くと吊り橋が見えてきました。

十分瀑布 ①


 ② その吊り橋『四廣澤橋』を渡り

十分瀑布 ②


 ③ 基隆川を川なりに歩いて行くと

十分瀑布 ⑮


 ④ 十分へ向かう列車がちょうど鉄橋を走って行きました。
   1時間ほど前、私達もあの列車の中にいたのですね。

十分瀑布 ③


 ⑤ その鉄道橋と並行して『観瀑吊橋』が架かっていました。

十分瀑布 ④


 ⑥ 橋を渡ると線路脇に出ます。(こちらは振り返った写真です)

十分瀑布 ⑤


 ⑦ ここも線路と歩道の間に柵がありません。いたってのどかな風景ですね。

十分瀑布 ⑥


 ⑧ 線路脇を歩くこと数分、十分山水遊楽園に到着。

十分瀑布 ⑦


 ⑨ で、目的は十分山水遊楽園の中にあるこの滝、『十分瀑布』です。

十分瀑布 ⑧


 ⑩ 森の中の遊歩道を歩くと下に降りることができます。

十分瀑布 ⑨


 ⑪ 遊歩道から滝の全景が見渡せました。

十分瀑布 ⑩


 ⑫ この十分瀑布は落差約20メートル、横幅約40メートル。
   カーテン型としては台湾最大の滝で、半円形の形状とその美しさから、
   「台湾のナイアガラ」と呼ばれています。(Wikipedia参照)

十分瀑布 ⑪


 ⑬ 水量も多く、流れも速いこの滝は落差こそありませんが、見ごたえがありました。

十分瀑布 ⑫


 ⑭ その景観のよさから、プロモーションビデオやコマーシャル、ドラマのロケ地として
   度々、登場しているそうです!

十分瀑布 ⑬


 私達が訪れたのは、夕暮れが近付いている遅い時間でしたので、
 ペットボトルのお水で休憩しただけで、中をうろつくことなく、来た道を戻りました。

 
 ⑮ 車の中から夕陽を拝みながら、後もう一箇所
   観光名所へ向かうこととなりました。

十分瀑布 ⑭

   

 それはまた次回にしますね。



 もう週末ですね。
 一昨日は娘が熱を出していたのですが、今日は仕事に出かけている主人から熱が出てきたと電話がありました。
 皆様も体調には気をつけて、元気にお過ごしくださいね!
 

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

十分(Shifen)
 
 一昨日の夜、帰国しました
 機内2泊ありの5泊8日の旅はあっというまに終わってしまった気がします。
 新しい旅の模様は台湾旅行の記事を終えた後にしますね。

 さて、台湾の旅行を続けましょう!
 電車を降り、娘たちと合流。
 
 ① 駅舎に近いお土産屋さんの前にある郵便ポスト。
   古びた感じがこの町にしっくり馴染んでいました。

十分 ①


 ② そそられる脇道。時間がないので我慢、我慢(笑)

十分 ②


 ③ 線路の両側にお土産屋が並ぶ十分老街。
   台湾へ行く前から見てみたいと思っていました。

十分 ③


 ④ 電車が通らない時は線路を平気で人が行き来していました。

十分 ④


 ⑤ こちらは記念撮影をするカップル!

十分 ⑤


 ⑥ 願い事を書いて飛ばす天燈は十分の名物。

十分 ⑥


 ⑦ この後、天高く飛んで行きました

十分 ⑦


 ⑧ どこか懐かしく感じる風景。

十分 ⑧


 ⑨ 駅の近くにある「静安吊橋」(前回の記事で猫ちゃんが寝ていたのはここです)

十分 ⑨


 ⑩ 写真を撮るのにはそそられる建物も、住むのは怖いです(笑)

十分 ⑩


 ⑪ 裏道を歩くネコちゃん。この場所で4~5匹は見かけました!

十分 ⑪


 ⑫ 尻尾を猛烈に振っていたワンちゃん。その前は棒を振り回して遊んでいたそうです!

十分 ⑫

 
 に逢える町って、のどかで嬉しくなります。

 
 十分の観光スポットはもう一つあります。
 それはまた次回にしますね。

 

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

来週までお休みします!

 台湾の旅の途中ですが、これから新しい旅に出発します
 帰国は来週に入ってからです。
 (旅立つ前に台湾の旅行、終わらせたかったなぁ。後、4回分も残ってしまいました!)

 それまで台湾・十分で見かけたニャンコちゃん、ワンちゃんのように
 このブログの更新もお休みさせていただきますね。


ぐっすり寝ていたニャンコ

ぐっすり寝ていたワンコ

 帰ってきた折にはまたよろしくお願いします。
 (その頃にはPCのご機嫌の治っていますように

 では、皆さま、行ってきま~す

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

平渓線を行くプチ列車の旅
 瑞芳駅を行きかう列車に人々。
 プラットホームに立っていると時間を経つのを忘れてしまいます。
 
 ① でも、私達の乗る區間車が定刻通りやってきました!
   私達も瑞芳駅から出発の時が来てしまいました。

平渓線を往く ①


 ② 車内。丸い部分が面白いですね。

平渓線を往く ②


 ③ 侯硐駅

平渓線を往く ③


 ④ 廃墟と化しているのでしょうか?

平渓線を往く ④


 ⑤ 分岐点。映っている線路は往宣蘭へと続きます。

平渓線を往く ⑤


 ⑥ この辺りは風光明媚な場所が続きます。

平渓線を往く ⑥


 ⑦ 絶景を収めたかったのですが、何度、シャッターチャンスを逃したことか・・

平渓線を往く ⑦


 ⑧ ドアの開閉

平渓線を往く ⑧


 ⑨ 若いおばあちゃんとお孫さん 楽しそうに語らいながら窓の景色を愉しんでいました。

平渓線を往く ⑨


 ⑩ 平渓線と平行して吊橋が架かっていました。

平渓線を往く ⑩


 ⑪ 目的地が近付いてきました。

平渓線を往く ⑪


 ⑫ 駅も見えます。列車の旅も終わりを迎えます!

平渓線を往く ⑫


 ⑬ 主人に切符を預けていましたので、写真を撮り損ねていたことに降りてから気付きました。
   「切符頂戴!」の声も空しく、駅員さんに渡しているところを慌ててパシャ

平渓線を往く ⑬


 ⑭ 『十分』駅で娘たちと合流です!
   『九份』はにんべんでしたが、こちらは普通の分なのですね!

平渓線を往く ⑭


  短い列車の旅でしたが、かなり堪能しました。
  次回は一日乗車券であちこち途中下車しながら、ゆっくり巡りたいね、と早くも次の話が(笑)
  夫婦揃って、いえいえ、娘と3人、すっかり台湾が大好きになっています。

  到着した『十分』も『九份』と並んで有名な場所です!
  それはまた次回に・・!

 今回はコメント欄を閉じておきますね。


 前回のお返事がなかなかできなくて、ごめんなさい

 

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

金田(かなだ)

Author:金田(かなだ)
遊びに来てくださり、ありがとうございます!

旅の写真を中心に
写真の出来、不出来に関わらず
1枚でも多く、少しでも長く
アップしていきたいと思います。

ブログと関係のないコメント&TBは
削除させていただきますね(^^)

最新コメント
最新記事
リンク
世界時計
イーココロクリック募金
1クリック募金のご協力をお願いします!
クリック募金
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。